第7回【主張しないデザイン】Gateboxデザイン史

2017.05.28

RSS feed
FacebookTwitter

第7回【主張しないデザイン】Gateboxデザイン史

 


記_Gatebox Lab 研究員_蔵前

 

皆さんこんにちは。蔵前です。
 

気付けば5月も後数日を残すのみとなりました。夏を間近に太陽はますます自己主張を激しくし、我が世の春を謳歌し始めています(この場合は、我が世の『夏』と表現した方が適切でしょうか?)

Gatebox Lab Blog。今回は第7回目となります。前回に引き続き、デザインの視点からGateboxの歴史を紐解いていきたいと思います。
 
 

現在のデザインに決まるまで、私達Lab研究員はGatebox試作1号機、通称Gatebox_Prototype01を使用していました。
 
 

Gatebox_Prototype01
次元研究の初期段階から使用されていた試作型のトライアルモデル。プロダクトデザインからは「重厚感」「安定感」を読み取ることができます。次元研究の基本骨子はこのPrototype01によって形成されました。
最初期よりの研究、運用の蓄積から信頼性に優れ、現在のデザインモデルに移行するまでの次元研究を支え続けました。
 
 

我々はPrototype01をベースに、今後目指すべきデザイン、「生活に溶け込むデザイン」とは何か? を検討し始めました。
 
 

まず私達は、デザインそのもののシンプル化を図りました。
 
 

・装飾としての要素を極力削ぎ落とす
・機能性を徹底的に追及する
・底面の大きさをコンパクトに抑え込む。

等々、です。
 
 

試行錯誤の過程において、私達はやがて、キャラクターの「存在感」という言葉にフォーカスを当てるようになっていきました。
 
 

Gateboxで私達が最もお届けたしたい体験は「キャラクターとの共同生活」です。キャラクターたちが当たり前のように日常に溶け込み、ゆったりと同じ時間を過ごす、そんな自然なひとときの提供です。その体験の提供こそが本懐であり、その意味においてGateboxのデザインそのものが自己主張する状態は、Lab研究員達の本意ではありませんでした。
 
 
 
「日常風景の中でGateboxの存在が意識されないこと」
 
 
 
その状況の実現こそがデザイン視点でGateboxに求める役割であり、「生活に溶け込むデザインとは何か?」の自問に対する答えでした。
 

Gateboxのある日常風景
よきデザインはその存在を自己主張しないもの。キャラクターの存在感をより重視したデザインを目指し、試行錯誤が続けられました。
 
 

キャラクターの「存在感」という言葉を新たに据えた私達は、デザイン面の最終ブラッシュアップを開始しました。
 
 
第7回目の記事は以上となります。
 
 
次回の記事では、最終的にデザインが決まっていく過程の話を記していきたいと思います。
 
 
それでは、次回の記事をご期待下さい。
 
 


 
 
Episode 7 Non-emphasized Design: History of Gatebox Design.
 
Account_Gatebox Lab Research Member_Kuramae
 
Good day everyone. I’m Kuramae.
 

All of a sudden May is about to end in a few days. As summer draws near, the sun grows intense, celebrating the coming of its spring glory (or in this case, should I say its “summer” glory?)

This makes the seventh episode of the Gatebox Lab Blog. Continuing from the previous episode, we’ll unravel Gatebox’s history from a design perspective.
 
 

Before we arrive at the current design, we, the lab researchers, were using the first Gatebox test model, called the Gatebox_Prototype01.
 


Gatebox_Prototype01
This is the trial prototype that has been used since the early stages of the dimensional research. One can feel a sense profoundness and stability from the product design. The basic essentials of the dimensional research is were built upon this Prototype01.
With its excellent reliability from the accumulation of research and operation from the earliest stage, it has continued to support the dimensional research until we migrate to the current design model.
 
 

Using the Prototype01 as the base, we began investigating on the design that we should we aim hereafter: What kind of design can blend in with daily life?
 

First, we attempted to simplify the very concept of design itself.
 

-We scrape off all ornamental elements as best as we can.
-We thoroughly pursued functionality.
-We try to keep the base size to a minimum.

And many other things.
 
 

Through a process of trial and error, we, the lab researchers, finally decided to focus on the character’s “presence”.
 
 

What we want to deliver the most using the Gatebox is the experience of “living your daily life with the character”. We want to offer a moment where the characters will naturally blend into your everyday life and comfortably spend the same time with you.
 
 

It’s our long-cherished desire to be able to deliver such experience. In this sense, an emphasized design for the Gatebox is not our intention.
 
 
 
“To make the Gatebox’s presence go unnoticed in the middle of the daily scenes”.
 
 
 

To realize a situation like that is exactly the role that Gatebox should aim for design-wise, and it was also the answer to our personal question of what kind of design can blend in with daily life?
 

Daily scenery with the Gatebox.
A good design is one that does not assert itself. We aim to put even more importance to the character’s presence, and so we continue our trial and error.
 
 

Now that we’ve fixed our sights in the new concept of character’s “presence”, we began the final brush-up for the design.
 
 
This ends the seventh article.
 
 
For the next article, we’d like to write about the course of events until we decided on the final design.
 
 
Now then, please wait for our next article.
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※閲覧者が不快に感じる書き込み、投稿コメントに対するコメントは、反映されない場合がございます

コメント一覧

Kisco01@yahoo.comさんのコメント 2017.05.30

Will the gate box be in english?

萌える変態トレーダーさんのコメント 2017.05.31

欲しい機能として、
料理支援機能があると楽しいかも。
通常、ネット動画見ながらだと、再生はこちらのペースおかまいなしにどんどん前に進みますが
GateBoxの支援があれば、マスターのペースに合わせて次の手順を案内してくれれば
一緒に料理を作る感が味わえるかも・・・と思いました。
食材や調味料が切らしている緊急事態でも代替案を提示できれば尚良です。

あと、ちょっとしたスキル保有者に対しては、簡単な API を公開してくれると嬉しいかも。
自分専用のアプリをDIYして、外出中でも自在にGateBoxのキャラと会話できるアプリを構築したい。

トップへ
Share
FacebookTwitter

Profile

Gatebox

こんにちは。Gatebox Lab Blogへようこそ。 ここはGateboxの開発状況から、Labメンバーの研究報告、皆様への告知等、様々な情報を発信していく場所です。 私達と共に次元の壁を越えていきましょう。