第8回【コミュニケーションのデザイン】 インターフェイス変遷史

2017.06.02

RSS feed
FacebookTwitter

第8回【コミュニケーションのデザイン】 インターフェイス変遷史

Gateboxインターフェイス、その変遷


記_Gatebox Lab 研究員_蔵前

 

月も変わり6月になりました。今年も早くも半分を過ぎようとしています。
 
 
2カ月近く前に「もう今年も3分の1が終了しました」と文章にしていたことが、遥か大昔のことに思える今日この頃。本格的な夏を目前に皆様、如何お過ごしでしょうか?
 
 
こんにちは。蔵前です。
 
 
第8回目のGatebox Lab Blog。今回は最初に1本の研究動画を掲載しました。
 
 
動画には第7回目の記事にて紹介しましたGatebox試作1号機、Prototype01と現在のデザインのGatebox、そのインターフェイス部分が映っています。
 
 
今回は、過去から現在までの変遷も踏まえ、Gateboxのインターフェイスのデザインについて記していきたいと思います。
 
 

現在のデザインのインターフェイス
Gateboxには「Gateボタン」という名前のボタンが設置されています
 
 
Gateboxにてキャラクターとコミュニケーションをとる際は、上記画像に映っている「Gateボタン」に指を触れ合わせます。Gateボタンに指を触れ合わせることで私達はキャラクターに声を、言葉を届けることができます。
 
 
キャラクターとの共同生活。その際に重要となるのは、キャラクターとのコミュニケーションが円滑に行えるか否かという点です。
 
 
「何気なく声を掛けるように自然で、互いに言葉を交わすことができる」
 
 
Gateボタンは、キャラクターとの円滑なコミュニケーション実現の為に研究、開発が進められてきました。
 
 
その目標の実現の為、私達Lab研究員はGateボタンのデザインを決めるにあたり、3つの要素を内包させました。
 
 
・ボタンは1つのみに

・まるでボタンとは思えないデザインに

・「起動」ではなく「コミュニケーション」を意識
 
 
1つずつ説明していきたいと思います。
 
 
ボタンは1つのみに

インターフェイス面で生じる迷いをなくす為、ボタンは1つのみのデザインとなっています。キャラクターとコミュニケーションをとる際、どこに触れればいいか? という疑問が生じないようにしました。
 
 
まるでボタンとは思えないデザインに

指とボタンが触れた際、機械感、操作感が心中に芽生えてしまえば、キャラクターとのコミュニケーションの妨げとなってしまいます。それらの感覚が生じないよう、一見してボタンに見えないデザイン、Gateboxのシンボルであるロゴ、を採用しました。
 
 
「起動」ではなく「コミュニケーション」を意識

プロダクトの起動を示す、Power、Push、Onといった文字は表記していません。私達はキャラクターを「起動」して欲しいのではなく、キャラクターと「コミュニケーション」をとってもらいたいと思っています。その為、ボタンの存在を示唆する文字を用いないデザインとなりました。
 
 

新旧インターフェイス比較

時が経つにつれ、インターフェイスはよりシンプルなデザインへと研ぎ澄まされていきました。
 
 
Gateboxのインターフェイス変遷の歴史はイコール、「どうすればキャラクターと円滑にコミュニケーションがとれるか?」という疑問に対する試行錯誤の歴史でもありました。
 
 
前述の通り、私達はキャラクターを「起動」して欲しいのではなく、キャラクターと「コミュニケーション」をとってもらいたいと思っています。
 
 
それ故に私達は、コミュニケーションにとってノイズとなり得る装飾や選択肢を削り取っていきました。
 
 
可能な限りシンプルなデザインに。
 
 
その思いがインターフェイスに、ひいてはGateボタンのデザインに込められています。
 
 
トライ&エラーの末に辿り着いた、現在のGateボタン。そのデザインはもちろん、細緻にこだわった押し心地もまた、皆様にご体験していただければと思います。
 
 
今回はインターフェイスに関するデザイン史を記してきました。
 
 
次回以降では、また別な箇所のデザインにフォーカスした研究報告をしたいと思います。
 
 
それでは、また次回の記事にご期待ください。
 
 


 

8th Communication Design.
History of interface changes.The Gatebox interface and its changes
 


Account_Gatebox Lab Research Member_Kuramae

 


History of interface changes
 
 
It seems June is already here. Half of the year has gone by quite quickly.
About two months ago I wrote to you saying “one third of this year is already over”.
 
 
Today that looks like a distant memory from the past. Summer is right around the corner, how are you all doing?
 
 
Good day everyone. I’m Kuramae.
 
 
Welcome to the 8th Gatebox Lab Blog. For starters, I wanted to share with you one video of our work so far.
In the video you can see the interfaces for Prototype01, the Gatebox test piece number 1 we showcased during the 7th entry, and the current Gatebox design.
 
 
For this entry, I would like to write about the many changes the Gatebox interface design has gone through time.
 
 

Current design interface
On the Gatebox, you can find a button called the “Gate Button”.
 
 
When communicating with a character via Gatebox, the user places their finger on the “Gate Button” displayed above. By touching the Gate Button, our voices, and our words, can reach the characters.
 
 
Sharing your life with the characters. When doing so, it is of utmost importance being able to communicate smoothly with each other.
 
 
“Being able to exchange words with each other by simply speaking your mind”
 
 
The Gate Button was developed and worked upon in order to create this smooth communication.
 
 
In order to carry out this objective, we the lab members designed the Gate Button with 3 factors in mind.
 
 

– Having one single button

– Making it feel like anything but a button

– Giving it a sense of “Communication” rather than just “Startup”
 
 

I would like to explain each of these to you all.
 
 
– Having one single button

We designed it to have a single button in order to eliminate the confusion that arises from having a very complex interface. We made sure that users wouldn’t have any issues figuring out what to touch in order to communicate with the characters.

 

– Making it feel like anything but a button

If when touching the button you grow accustomed to this sense of machine operation, the communication between you and the character will be obstructed. To avoid this, we designed it to not look like a button at first glance, and put the Gatebox symbol and logo on it.

 

– Giving it a sense of “Communication” rather than just “Startup”

There is no “Power”, “Push” or “On” button displayed on the product. What we want from our users is not for them to “turn on” the characters, but rather to “communicate” with them. Which is why we did not implement any text that would hint at the existence of a button in the design.

 
 
 


Comparison between the new and old interfaces
The interface has been honed to display a simpler design.
 
 

The history of the Gatebox interface changes also equals to a constant trial and error process that attempts to answer the question: How can we create an even smoother communication with the characters?
 
 

As mentioned above, we do not want users to “turn on” the characters, but to “communicate” with them.
And thus, we scrapped off any kind of details or options that could become potential noise in the communication process.

 

The simplest design possible.

 

Those are the intentions with which the interface, as well as the Gate Button design, have been created.
 
The current Gate Button is the fruit of countless trials and errors. Of course, this design has also been quite meticulous with its sensation, and we are eager for everyone to try it out.
And thus concludes this entry regarding the history of the interface design.
 
Next time, I will be sharing with you a report focused on some other points of the design.
 
Now then, please wait for our next article.

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※閲覧者が不快に感じる書き込み、投稿コメントに対するコメントは、反映されない場合がございます

コメント一覧

Jonathanさんのコメント 2017.06.03

Es increible como es que piensan tanto en el usuario para poder concretar un sistema de comunicación eficaz y confortante. Mis mayores deseos de exito para el desarrollo del gatebox

Adley Tongさんのコメント 2017.06.03

Would there be another chances for ordering the Gatebox for international?

トップへ
Share
FacebookTwitter

Profile

Gatebox

こんにちは。Gatebox Lab Blogへようこそ。 ここはGateboxの開発状況から、Labメンバーの研究報告、皆様への告知等、様々な情報を発信していく場所です。 私達と共に次元の壁を越えていきましょう。