【特別編】Gatebox Masters Meeting-次元研究報告会- レポート(後編)

2017.06.18

RSS feed
FacebookTwitter

【特別編】Gatebox Masters Meeting-次元研究報告会- レポート(後編)


記_Gatebox Lab 研究員_蔵前

 

2017年も梅雨の季節に入りました(気象庁が6月7日に梅雨入りを発表しました)

ここ、秋葉原でも急に天気が崩れる日が続いております。あれだけ猛威を振るった太陽も、いざ姿を見せなくなると途端に寂しくなるから不思議です。それでも、ここ1週間程は最高気温も低く、比較的過ごし易い日々が続いています

こんにちは。蔵前です。

Gatebox開発の歴史、Lab研究員達の活動報告を記していくGatebox Lab Blog。

今回は、5月27日(土曜日)に開催されたGatebox Masters Meeting-次元研究報告会-のレポート、その後編を記していきます。

※6月2日(金曜日)に前編の記事を公開しております。以下のリンク先より、Gatebox Masters Meeting-次元研究報告会- レポート_前編をご覧になることができます。

【特別編】Gatebox Masters Meeting-次元研究報告会- レポート(前編)

後編となる今回は、トークショーの様子とLab研究員を交えた意見交換会の様子を中心にレポートしていきたいと思います。

それでは、早速ご覧ください。


逢妻ヒカリ担当CVの冷水 優果さんをゲストに迎えたトークショー。トークショーはGatebox Lab所長とのセッション形式で行われました。

収録の際の裏話や、逢妻ヒカリ誕生秘話等、普段聞けないような話を披露していただきました。



所長には自前のノートPC持参でトークショーに参加いただきました。

写真は、逢妻ヒカリが今のデザインに至るまでの経緯を、過去の資料を基に解説してもらっている時の様子です。


トークショーは和気あいあいとした雰囲気で進行しました。

裏話や秘話等、この場にて初めて公開される情報も多々ありました。興味深いという風の首肯や、「え? そんな過去が?」といった驚きの笑顔を浮かべている方々もいらっしゃいました。


トークショーの後は、Masterの皆様とLab研究員との間で、意見交換会が開催されました。


Lab研究員とMasterの皆様がGateboxに関して、意見を交えている様子です。
Gateboxに関して、また、今後の展望等、開発研究に関する意見交換が行われました。


Lab研究員が、Masterの皆様へのヒアリング内容をメモしている様子です。

意見交換会は、Masterの皆様の生の意見を耳にできる貴重な機会。今後のGatebox研究開発の為の大切なご意見として、記録させていただきました。


意見交換会の場では、Lab研究員側からMasterの皆様へと質問させていただくこともありました。Masterの皆様方には真摯なお言葉でもって、Lab研究員からの質問に答えていただきました。


新たな視点、異なる角度、斬新な切り口……様々な意見が飛び交った意見交換会は盛況のままに終了。終了時間直前まで、Masterの皆様、Lab研究員達には大いに語り合っていただきました。

建設的なご意見の数々、参考にさせていただきます!

意見交換会が終わり、研究報告会の全プログラムが終了となりました。

上記写真は、Lab研究員がMasterの皆様に1通の封筒を手渡している時の様子です。

封筒の中身は、記念グッズです。本日ご来場いただいたMasterの皆様方へ、ささやかながらお土産をご用意させていただきました。



「コードネーム入り研究員証明書」と弊社キャラクター、逢妻ヒカリの「アクリルキーホルダー」です。アクリルキーホルダーは上記写真のように、専用台座に乗せることで、自立させた状態で鑑賞することができるようになっています。

このアクリルキーホルダー、研究報告会でのお土産用に開発致しました。模様や形状等、研究員達の間で何度もブラッシュアップが行われた経緯があります。完成品を手に取った時、喜びのあまり思わずにやけてしまいました。

当日ご来場いただいたMasterの皆様全員に、お土産としてお渡し致しました(SNSにてご紹介していただいた方もいらっしゃいました。ありがとうございます!)

研究報告会終了後、Masterの皆様に終了インタビューを実施しました。

初めてGateboxを生で見た感想、研究報告会の感想等、複数の質問にお答えいただきました。
皆様の顔には笑顔が浮かべられており、その笑顔を目にする度、研究報告会の準備の苦労が報われる思いでした。

ご来場、ありがとうございました!

今回開催が叶った次元研究報告会にて、私達Lab研究員はMasterの皆様と直接お話することができました。

対面の状態でMasterの皆様とお話する中で、ハッと気付かされることが数多くありました。Masterの皆様と直接言葉を交えることで初めて気付くことができた視点、切り口、考え方は、今後のGatebox研究開発にとって貴重な財産になると確信しています。

重ねてになりますが、次元研究報告会にご参加いただき、本当にありがとうございました。

秋葉原。Gatebox Lab。この地にて私達はGateboxの研究開発を続けてきました。私達はよりよいプロダクト開発の為、常に改良し、新しい方法を試し、ベストな解答を探し続けてきました。そして、その試みをこれからも続けていくつもりです。

「キャラクターとの共同生活」の実現の為、これからもLab研究員一同、研究開発に邁進していきます。

これからもGateboxを、そしてGatebox Labを宜しくお願いします。

Gatebox Masters Meeting-次元研究報告会-レポート、Gatebox Lab Blog特別編の記事は、以上で終了となります。

次回の記事にもご期待ください。

 


 

Gatebox Masters Meeting
– Dimensional Research Reporting Session – Report (Latter Part)
 


Account_Gatebox Lab Research Member_Kuramae

 

We’ve now entered the rainy season in 2017 (the Meteorological Agency announced that rainy season started on June 7).

Here, the days when the weather in Akihabara would suddenly change for worse has been continuing for a while. It felt rather lonely the moment that the sun, with all its might, suddenly hides itself.

Quite mysterious. Even so, the highest temperature for the last one week has been quite low, so it’s been rather easy to spend the days.

Good day. I’m Kuramae.

This is the Gatebox Lab Blog, where we write the Gatebox development history and the lab researchers’ activity report.

This time, we’ll be writing about the latter part of the report for the Gatebox Masters Meeting –Dimensional Research Debriefing Session– held on May 27 (Sat).

*We’ve published the article for the first part on June 2 (Fri). Please take alook at the Gatebox Masters Meeting –Dimensional Research Debriefing Session– Report: First Part via this link.

【特別編】Gatebox Masters Meeting-次元研究報告会- レポート(前編)

For this latter part, we’ll be focusing on the situation of the talk show and the exchange of opinions with the lab researchers.

Now then, let’s not waste any time.

 
 

Talk show, start

In this talk show, we welcomed Azuma Hikari’s voice actor, Yuka Hiyamizu. The talk show was in the form of a session with the chief of the Gatebox Lab.

We revealed things that you wouldn’t normally hear elsewhere, like the behind the scenes, the birth secret of Azuma Hikari, etc.



The chief participated in the talk show while bringing his own notebook PC with him.

The pictures show a look of when he explained the process of how Azuma Hikari arrived at the current design based on past documents.


The talk show proceeded peacefully without any issues.


There were plenty of information first revealed here like the behind the scenes and the birth secret.

Some people showed great interest, while some others expressed surprised smiles.

 

Exchange of opinions ,start

After the talk show, we held an exchange of opinions session between the Masters and the lab researchers.


A look at lab researchers and the Masters exchanging opinions on the Gatebox.

They exchanged opinions about the Gatebox itself, future prospects, and development research.


The lab researchers taking notes of the contents of the hearing with the Masters.

The opinions exchange session is a precious opportunity to listen to the Masters’ raw opinions. We’ve recorded everyone’s opinions and will treat them as important material for future Gatebox research and development.


During the opinions exchange session, the lab researchers also asked some questions to the Masters. The Masters replied to the researchers’ questions earnestly.

 

 

After the research debriefing session, it was time to hand the souvenirs


 New point of view, different angles novel perspective… The opinions exchange session where we exchanged various opinions finished successfully.

The Masters and the lab researchers talked a lot right until the end of the session.

We’ll use the numerous constructive opinions as reference in the future!

The end of the opinions exchange session also marks the end of the research debriefing session program.

The above picture is when a lab member handed an envelope to the Masters.

The envelope contains commemoration goods. We’ve prepared small souvenirs for all the Masters who attended today.



 It’s a lab researcher certificate with a code name, and and Azumi Hikari acrylic key holder. As shown in the picture above, the acrylic key holder can be placed on top of a dedicated stand so you can appreciate it while it’s standing on its own.

These acrylic key holders were made as souvenirs for this research debriefing session. The pattern and shape have undergone numerous fine tunings by the researchers. When they hold the finished product in their hands, they were so happy they smiled involuntarily.

 We are giving these as souvenirs to all the Masters who have attended. (There are also people introduced from SNS. Thank you very much!)

 

Interview with all the Masters


 

 After the research debriefing session, we did a closing interview with all the Masters.

We asked them their first impressions of looking at the Gatebox in person for the first time, impressions of the research debriefing session, and other questions.

Everyone had smiles on their faces. Seeing those smiles made us feel rewarded for our fatigues from the preparation of the research debriefing session.

Thank you for your attendance!

 
 

With this, the dimensional research debriefing is over
 

We, the lab researchers, were finally able to talk directly to the Masters through the success of this dimensional research debriefing session.

There were plenty of things that we just realized after speaking with the Masters face-to-face. We believe that the point of view, perspective, and way of thinking and we just realized after directly exchanging words with the Masters will prove to be a precious assets for Gatebox’s future developments.

Once again, we really appreciate your participation in the dimensional research debriefing session.

Gatebox Lab, Akihabara. Here, we continue our research and development of the Gatebox. We have been looking for the best answer, trying new methods, continuing to improve, all for the sake of creating an even better product. And we will continue to do so from here on out.

For the realization of “Life alongside the characters”, we, the lab researchers, will keep working on the research and development.

 We hope for your continued support for the Gatebox and the Gatebox Lab.

This ends the special Gatebox Lab Blog article, the report on Gatebox Masters Meeting –Dimensional Research Debriefing Session–.

Please look forward to our next article.
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※閲覧者が不快に感じる書き込み、投稿コメントに対するコメントは、反映されない場合がございます

コメント一覧

Kuroneさんのコメント 2017.06.19

研究会に参加させて頂いたkuroneです。 製作者サイド様のGateboxへの熱意が伝わってきて、大変貴重な体験をさせて頂きました。
納期はもちろんですが、Blogの更新も楽しみにしております。梅雨に入り、これから夏がやってきますが、ご自愛ください。

トップへ
Share
FacebookTwitter

Profile

Gatebox

こんにちは。Gatebox Lab Blogへようこそ。 ここはGateboxの開発状況から、Labメンバーの研究報告、皆様への告知等、様々な情報を発信していく場所です。 私達と共に次元の壁を越えていきましょう。