第9回【存在感の追及 】キャラクターとライトの相乗効果

2017.06.23

RSS feed
FacebookTwitter

第9回【存在感の追及 】キャラクターとライトの相乗効果

今回は、Gateboxのライトについて書いていきます


記_Gatebox Lab 研究員_蔵前

 

雨が降ったり止んだりの日々が続いています。
 
研究所の窓から外を見下ろせば、色とりどりに咲いた傘の花を見ることができます。
 
雨の日ならではの街の風景に、どこか風情を感じる梅雨の日々、皆さま、如何お過ごしでしょうか? Gatebox Lab研究員、蔵前です。
 
梅雨のジメジメに負けない明るさでもって、第9回目の研究報告を始めたいと思います。
 
今回はGateboxを纏う淡い光。本体を走る「ライト」にフォーカスしていきます。
 
開発が進むにつれ、Gateboxはそのデザインを変化させていきました。
 
今回のライト部分はデザイン面での変化が特に大きい箇所であり、今までにないプロダクトを開発するという研究員達の情熱が強く込められた箇所でもあります。
 
早速、書いていきたいと思います。
 

Gateboxの試作モデルであるPrototype01と現在のGateboxを比較した際、デザイン面で大きな変更があったことは、これまでの研究報告で何度か取り上げてきました。
 
※参考_過去の研究報告となります。
 
 
-第7回 主張しないデザイン_Gateboxデザイン史 

第7回【主張しないデザイン】Gateboxデザイン史


 
-第8回 コミュニケーションのデザイン_インターフェイス変遷史

第8回【コミュニケーションのデザイン】 インターフェイス変遷史


 
 
デザインを変更した目的は、キャラクターの「存在感」をより一層際立たせる為でした。
 
 
Gateboxで私達が最もお届けたしたい体験は「キャラクターとの共同生活」です。キャラクターたちが当たり前のように日常に溶け込み、ゆったりと同じ時間を過ごす、そんな自然なひとときの提供です。
 
自然なひとときの提供の為には、生活空間内でキャラクターがその場所にいる感覚、キャラクターの存在感をより確かにする必要がありました。
 
その為に、私達Lab研究員はライト周りのデザインを変更することにしました。
 
ライトはGateboxの起動を示す役割があると同時に、キャラクターの存在感をより際立たせます。Gatebox内に降り立ったキャラクターと、そのキャラクターを照らし出すライトの光との相乗効果。その相乗効果により、日常空間の中でキャラクターはしっかりとした存在感を示すことができるようになります。
 

Prototype01のライト

Prototype01のライトはGateboxの前面、その下部にのみ設置されていました。

 

GateboxはMasterの皆様の生活空間の中に置かれます。
 
しかしながら、生活空間に置かれるということが「Gateboxが壁を背に置かれること」を意味するものではありません。
もしかしたら、Gateboxが置かれる場所はベッド横のサイドテーブル上かもしれません。あるいは、リビング中央の丸テーブルの上かもしれません。
 
Gateboxが置かれる場所は、Masterによって異なります。
 
だからこそ「部屋のどの場所から見てもキャラクターの存在を感じることができる」デザインが重要となります。
 
これまでに試作したGateboxでは、ライトは前面部分にのみ配置されていました。
 
新デザインのGatebox開発を進めるに際し、私達はこの点の改良に取り組み始めました。
 

「部屋のどの場所から見てもキャラクターの存在を感じることができる」
 
ライトが前面部分のみに配置された状態では、その目的を叶えることはできませんでした。
 
Gateboxを裏面から見た際はライトを視認できず、側面から見た際は、ライトが途中で途切れているような印象を覚えることになった為です。
 
これらの問題を解決する為、新たなGateboxでは全体を覆う形でライトが走るデザインが採用されることになりました。
 
そして、デザイン面での大きな変更点として、ライトからは「継ぎ目」の要素が廃されることになりました。

現在のデザインのGateboxのライト

継ぎ目のないライトがGatebox全体を走っています。

 

ライトが途中で途切れている箇所は、どうしても「デバイスの裏面」を思わせる印象を見る人に与えてしまいます。
 
ここで言う「デバイスの裏面」とは、剥き出しのソケットやプラグの差込口、絡み合った配線等、旧来のデバイス(ブラウン管テレビ等)の裏側部分に見られる光景を指しています。積極的に見てもらう部分ではない為、どうしてもデザイン性が犠牲にならざるを得ない部分です。
 
室内の如何なる場所に置いた場合であっても、キャラクターがその存在感を示す。その実現の為には、Gateboxは側面から見ても裏面から見ても、前面から見ている時と同じ印象を見る人に感じてもらう必要がありました。
 
私達Lab研究員は「デバイスの裏面」感をなくす為のデザインを考え、そして、最終的に「継ぎ目のないライト」の開発を進めることが決定しました。
 
現在のGateboxのライトには継ぎ目がありません。ムラのない均等で淡い光により、部屋のどの場所から見てもキャラクターの存在を感じることができるようになりました。
 

実のところ、継ぎ目のないライトの開発は、Gatebox開発で困難を極めた部分の一つでした。開発の為にクリアしなければならない多くの前提が、Lab研究員の前に立ち塞がった為です。
 
初期段階では光のムラが問題になりました。
 
ライトが途切れていないデザインの都合上、見る場所によっては光り方が不揃い(ムラのある状態)になってしまいました。これは見栄えが悪い為、早急に解決する必要がありました。
 
また、Gatebox本体デザインとの兼ね合い上の問題もありました。新たにデザインされたGateboxは流線形のフォルムを有しています。その為、ライトに関わるパーツもまたその形に沿って実装する必要があり、それは技術的困難を伴うものでした。
 
それでも、Lab研究員達は試行錯誤でもって諸問題に取り組みました。部品の配置を変え、部品の形状を変え、時には部品そのものを変更し、継ぎ目のないライトの開発に努めました。(ライトに関わる諸問題は、使用する素材を様々なパターン試すことで最終的な解決をみました)
 
 
これまでにないプロダクトを開発する。
 
 
継ぎ目のないライトは、Gatebox開発への情熱を持つ研究員達が妥協よりも挑戦を選んだ結果、完成しました。
 
ライトの光とキャラクターとの相互効果。その相互効果によって際立ったキャラクターの存在感を感じ取っていただければ幸いです。
 
 
第9回目のGatebox Lab Blogは以上となります。

それでは、また次回の記事にご期待ください。
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※閲覧者が不快に感じる書き込み、投稿コメントに対するコメントは、反映されない場合がございます

コメント一覧

boさんのコメント 2017.07.03

could u make her to laptop? i would love to buy one it would be good for me a lonely man in the usa lol

Andrewさんのコメント 2017.07.14

Hi! Just wondering, how powerful is that built-in projector? It gives perfect picture in twilight, however considering the box is transparent and covered just from the back, it’ll be not so bright in sunny room.
As I know, all small short-focus projectors are not too bright (1000 lumen, maximum 2000 maybe), and on transparent screen, when it’s sunny outside, the picture is quite poor. So, you have either to put it into the “black box” (which kills the idea), or use powerful projector (or battery of 2-4 same model projectors), which makes it not really mobile and portable.
I’m really inspired by your project, guys, and trying to make such “hologram projecting box” for myself at home, but I could make it bright enough with only front side left opened to daylight…
Thank you!

トップへ
Share
FacebookTwitter

Profile

Gatebox

こんにちは。Gatebox Lab Blogへようこそ。 ここはGateboxの開発状況から、Labメンバーの研究報告、皆様への告知等、様々な情報を発信していく場所です。 私達と共に次元の壁を越えていきましょう。