【特別編】初音ミク「マジカルミライ 2017」レポート(後編)

2017.09.22

RSS feed
FacebookTwitter

【特別編】初音ミク「マジカルミライ 2017」レポート(後編)

9月も半分を過ぎると、さすがに夏の名残も消えてきたと感じますね。

こんにちは。Gatebox Lab研究員、蔵前です。

今回は先週に引き続き、初音ミク「マジカルミライ 2017」そのGateboxブースの様子をレポートしていきます。

後編となる今回は、『Gatebox MUSEUM』について記していきたいと思います。

MUSEUM、博物館……そこには何が展示されていたのか? 早速書いていきたいと思います。

 

 

『Gatebox MUSEUM』ではGateboxの開発、変遷に纏わる資料を公開しました。

製品が企画され、現在の姿になるまで。「過去」と「現在」を繋ぐ様子を、今回のイベントに合わせ初公開することを決定しました。

 

 

Gatebox MUSEUM内部の様子

 

ブース内には実物のGateboxを展示。足を運んでいただいたお客様に、実際に動く様子をご覧いただきました

 

 

 

イベント当日は、ブース外に列ができる程の盛況に。
3日間で多くの皆様にGateboxの歴史、そして実際に動くGateboxの様子をご覧いただきました

 

 


ブースの壁面に飾られたパネル

ブース内の壁面には、これまでのGatebox開発の歩みを紹介したパネルが飾られました。Gateboxが今の姿になるまで。当時の研究員達の試行錯誤の様子を垣間見ることができます。

歴代のGatebox達

ショーケースでは歴代のGateboxも紹介させていただきました。

写真左に映っているのは、以前Gatebox Lab Blogでも紹介したGatebox試作1号機、通称Prototype01です。

そして、写真右に映っているGateboxは、1号機以前に試作された最初期のGateboxとなります(その意味、Gatebox試作0号機とも呼べますね)
横幅は現行のものより2倍以上大きく、未塗装のままの白色が印象的です。今見てみると試作感の強い本体ですが、この0号機が時を経て現行のGateboxに繋がると思うと、感慨深いものがありました。

 

 

イベント開催中の3日間。Gatebox MUSEUMには多くのお客様に足を運んでいただきました。終日、お客様の列が途絶えない様子に私も驚きに目を見張りました。

そして連日の盛況は同時に、「好きなキャラクターと暮らしたい」という想いの強さを感じるものでした。

私達と同じ「夢」に向かって歩いてくれる人はたくさんいる。その事実に、Gatebox Lab研究員一同、研究開発への決意を新たにしました。

皆様の期待に応える為にも、Gateboxb Lab研究員一同、夢の実現に向けて進んでいきたいと思います。
今回の記事は以上となります。
それでは、次回の記事にご期待ください。

 

 


記_Gatebox Lab 研究員_蔵前


 

【Special Topic】Report of [Magical Mirai 2017] by Hatsune Miku (2/2)

 

The hot weather of summer is almost gone, after the middle of September.
Good day everyone, I’m Kuramae.

This week will continue last week’s report, [Magical Mirai 2017] by Hatsune Miku and the Gatebox booth.
This time, we are going to write about [Gatebox MUSEUM].
MUSEUM… What was exhibited at there?
Let’s check the booth now.

 

Gatebox MUSEUM

At the [Gatebox MUSEUM], we were exhibiting the development and transition history documents of the Gatebox. Since the product was planned, until today. We are going to show these for the first time in the event, to show the connection between [past] and [now].

 

 

Inside of the Gatebox MUSEUM

 

We were exhibiting the real Gatebox machine inside the booth. Showing guests how the Gatebox actually operates.

 

 

The long lines formed in front of the booth on the event day. During the three days, we were showing the history and operations of the Gatebox to the guests.

 

 

Display items


Panels that displayed on booth’s wall

The panels on the wall inside the booth that introduce each step of how did the Gatebox was developed. Until the Gatebox made as for today’s shape. How the researchers were struggle and learning by trial and error.

 

 

History of the Gatebox

 

We have introduced past Gatebox machines in the showcase.

On the left side of the picture is the first trial machines of the Gatebox, as we mentioned in the past Gatebox Lab Blog, other name call Prototype01. Next, on the right side of the same picture, is the original Gatebox that was made way before the first trial. (We can call it as a Prototype00.)
The width is longer than the current Gatebox, no coloring and white looks. Even though it looks very cheap, but it’s quite impressive that the current Gatebox was made from this Prototype00.

 

 

Everyday success

 

 

During the three days of the event, so many guests have visited our Gatebox MUSEUM. I was impressed by the lines of the guest forms all day long. Also, that makes me strengthened the feeling of [Living with your favorite character] vision.

There are so many people who have same [Dream] with us. That fact strengthened researcher’s determination to the research and development of Gatebox. To response everyone’s expectation, our Gatebox Lab researchers will keep moving forward to make our dreams come true.

And that’s all for this time.

Now then, see you in the next report.

 


記_Gatebox Lab 研究員_蔵前

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※閲覧者が不快に感じる書き込み、投稿コメントに対するコメントは、反映されない場合がございます

トップへ
Share
FacebookTwitter

Profile

Gatebox

こんにちは。Gatebox Lab Blogへようこそ。 ここはGateboxの開発状況から、Labメンバーの研究報告、皆様への告知等、様々な情報を発信していく場所です。 私達と共に次元の壁を越えていきましょう。