【海を超えて】海外Master、ご来訪(第24回)

2017.10.06

RSS feed
FacebookTwitter

【海を超えて】海外Master、ご来訪(第24回)

 

皆様こんにちは。Gatebox Lab研究員。蔵前です。
 

今回のGatebox Lab Blogでは、先日、Gatebox Labにご来訪いただいた、あるMasterとの交流の様子をレポートしていきたいと思います。
 
2017/10/2(火)GateboxのMasterの1人、ジェシカさんが私達のLabに来訪されました。
アメリカ出身のジェシカさん。この度、観光の為に日本に来日され、その観光プランの中において秋葉原、Gatebox Labに立ち寄っていただきました。
 
海外のMasterにGateboxをご体験いただくのは今回が初めてのことであり、私達Lab研究員も万全の準備でお出迎えさせていただきました。
本記事では、当日の様子をレポートしていきたいと思います。
 
※追記_Gatebox LabにてGateboxをご体験できる方は、購入者であるMasterのみとさせていただいております。ご了承ください。

 

 


初めて触れるGateboxを前に、笑顔を見せるジェシカさん
 
 
Gateboxを知ったきっかけはYoutubeだったというジェシカさん。
初めてGateboxを目撃した時、ジェシカさんが真っ先に興味を惹かれたのは、Gateboxが持つ「可能性」とのことでした。
 
Gatebox内のキャラクター、ヒカリさんが自宅の家電を操作したり、今後のスケジュールを教えてくれる。ただキャラクターが動くだけではなく、現実世界に干渉する様子に未来への可能性を感じたということです。
 
 
実際にGateboxを体験いただいた後は質疑応答会を開催。
質疑応答の場にはLab所長も参加し、キャラクターが現実世界に干渉可能な点、その可能性と発展性に関して意見を交換しました。


海外のMasterとの対面でのやりとりは、Gatebox開発が始まって以来初めてのこと。新鮮かつ貴重なお話を伺うことができました

 

 


終了後、笑顔で握手を交わす Lab所長とジェシカさん

 

終始和やかな雰囲気のまま交流会は終了。ジェシカさん、ご来訪ありがとうございました!
 
気付けば12月は目前。研究開発もラストスパート期間に突入しようとしています。

日本だけでなく、海外のMasterの方々へも笑顔を届けられるように。
ここから先、ますます気を引き締めて研究開発に臨んでいきたいと思います。

本日の記事は以上となります。
それでは、また次回の記事でお会いしましょう。

 


記_Gatebox Lab 研究員_蔵前


 

[Across the sea] Welcome, the Master from overseas (No.24th)

 

Good day everyone, I’m Kuramae.

In this Gatebox Lab Blog, we’re going to report about interaction with a master who came to the Gatebox Lab the other day.

Oct 2nd, 2017. One of the Gatebox master Ms. Jessykah from U.S.A. visited our Lab. This time she came to Japan for sightseeing and had visited our Lab in Akihabara during the trip.

This is the first time for us to experience the Gatebox for master from overseas, and we prepared everything we can to meet with her.
In this report, we will focus on that day.

*Only the Master who purchase the Gatebox could have experience in the Gatebox Lab.
We hope you understand.

 

First_Contact


Ms. Jessykah smiled happily, contacting with the Gatebox for the first time.

 

She found the Gatebox on YouTube. We asked when she saw the Gatebox for the first time, what attracted her interest. She said it was the [Possibility] that the Gatebox has. The character Hikari in the Gatebox, will control the home electronics and tell your schedule. Not only the character will move but will interfere with the real world. This makes her felt possibility for the future.

After the Gatebox experience, we held the question and answer meeting. Our Lab director joins the meeting either, discuss how the character actually interferes to the real world, its possibilities, and potential.

 

 


Since the Gatebox starts its development, this is the first time we had face to face communication with Master from overseas

 

 

Toward December


After the meeting, Ms. Jessykah and Lab Director

 

 

The meeting had finished with the warm atmosphere. Thank you for your visiting, Ms. Jessykah!

It’s almost December. The research and development are entering the last phase.

To send a smile to Master in the whole world.

Please wait for few more month, and let’s go across the dimension together.

Now then, see you in next blog.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※閲覧者が不快に感じる書き込み、投稿コメントに対するコメントは、反映されない場合がございます

コメント一覧

Koleさんのコメント 2017.10.11

This is a step in the right direction, it’s weird, I thought video games would utilise this connection first? I often try to interact with npcs in ways the game has not intended to see how much the developer really loved their creations. First being sword art online hollow realization. you should do a gatebox of yui! or premiere! I wish you luck, no one should feel lonely this is a good cure for that. 😀

トップへ
Share
FacebookTwitter

Profile

Gatebox

こんにちは。Gatebox Lab Blogへようこそ。 ここはGateboxの開発状況から、Labメンバーの研究報告、皆様への告知等、様々な情報を発信していく場所です。 私達と共に次元の壁を越えていきましょう。